投資の手数料の判断と津波について

証券会社にとって非常に大きな収益源となるのが投資における売買の際に発生する手数料となります。
特に為替取引においては手数料が無料というような形をとっていますが、実際には買いと売りの間においてはスプレッドという価格差が生じており、この価格差が証券会社の利益となってきます。
そのため、実際に投資において利益を上げようと思ったときには手数料が非常に大きなコストとなることをしっかりと把握しておく必要があります。

ここで、東北大震災のときのように津波が発生した際には日本経済に関しては非常に大きな不安とリスクが発生していたてめ市場は混乱していました。
そのような混乱しているときには証券会社としても非常に売り注文が殺到してきておりサーバーに対しても負荷が多くなってしまいます。
また、リーマンショックの時のような状況にもなり、一方的な売り需要が強く働いているため、なかなか売買が成立しないような状況になります。
そのため、証券会社としては何としても自社の利益がなくならないようにするためにスプレッドを大きくすることで売り切る際に大きな手数料を取得するという方法をとるようにしています。

このため、世界市場不安が発生した場合には大きなスプレッドをとる会社が続出しているため、気を付けて取引しなくてはなりません。
また、スプレッドが大きくなるということはロスカットが発生する確率が非常に高くなることを意味しており、非常に注意深く見ておく必要があります。
そのため、現在の投資においては津波のような自然災害やさらには世界金融不安のような、しっかりとした大きな要因が起こっても非常に大きな資産をもとに安定した運営が必要となってきます。