原価を考えた投資なら違反に注意

投資には色んな種類がありますが、共通して気を付けることがあります。
それは違反をしないということです。
投資対効果という考えがあります。
かけたコストがどれだけのパフォーマンスを生むかという意味ですが、違反をしてしまうと、かかった原価が全て台無しになってしまうリスクも発生します。

例えば、株式投資におけるインサイダー取引が違反例の分かりやすいところだと思います。
そもそもインサイダー取引とは、上場会社または上場会社に関連している親会社だったり、子会社だったりの関係者、この場合は役員や大株主が多いですね。
なかには上級職員なんかも情報を得ることもありますし、派遣社員や契約社員なんかも情報を入手することがあります。
そういった関係者が、株価に影響を与えるような情報を知ってしまい、重要情報が世間に発表される前に、株を買ったり売ったりしてしまうことです。

すると、一夜にして大金持ちになることも可能です。
当然、一般投資家からしたらフェアではありませんよね。
インサイダー取引が認められるならば、みんな普通の売買はやらずに、インサイダー情報だけを頼りに取引すると思います。
そんな株式市場に誰が魅力を感じるでしょうか?
当然、世界中の投資家からそっぽを向かれてしまいます。

違反をした場合は、5年以下の懲役、または500万円以下の罰則。
もしくは罰金&懲役のダブルパンチとなります。
当然に、インサイダー取引で儲かった財産は没収されることになります。

こんなリスクをはらんでいるので、投資を考えているのならば、違反行為をしないで済むことが大事な要素となります。
法律違反をしてしまうと、社会的信用も失墜してしまい、投資部分以外にもデメリットが発生することもありますので、注意してください。